二重まぶたの整形手術を受ける前に知っておくべきこと

ぱっちりとした目は顔を華やかに見せてくれたり、かわいくしてくれたりするので、メイクに時間をかける箇所でもあります。一重の女性の中には、二重にするために数十分、場合によっては数時間かかることもあります。

 

毎日のこととなると、まぶたに負担をかけ、逆に腫らしてしまうことも…。そんなとき、思い切って整形で二重を手に入れたくなるのではないでしょうか。

 

今は整形を受けることは特別なことではなくなり、本格的なものから「プチ整形」と呼ばれるものまであり、就職が有利になるように整形を受けるのが当たり前の国もあるほどです。

 

それでも実際顔にメスを入れるのは怖いものです。そこで、二重まぶたの整形についていろいろ調べてみました。

 

◆二重の整形は大きく分けて2種類

 

二重の手術は「埋没法」と「切開法」があり、さらにそれぞれの手術法も行う美容外科によって少し違っています。

 

埋没法は、まぶたに糸を埋め込んで二重まぶたにする方法ですが、手術時間が20分程度で済み、腫れや痛みが少ないので人気が高い方法です。ただし、糸が緩んでくると二重が持続しなくなるという欠点もあります。

 

二重に戻りにくい埋没法や糸の結び目が目立たない埋没法を取り入れているクリニックもありますが、その手術の場合2点止めや3点止めといわれる多くのクリニックで行われている方法と比べると、抜糸が必要になったときやや面倒なようです。

 

切開法は埋没法と比べると二重の持ちがよく、皮膚のたるみを取ることもできます。ですが、傷が消えるまで1年近くかかることもあるようです。

 

切開法にもまぶたを3cm程度切る「全切開法」と1cm程度を切る「部分切開法」があります。しっかりとした二重まぶたにはなりますが、元にもどせないリスクもあります。

 

◆それぞれにかかる費用

 

手術内容も気になりますが費用も気になりますよね。病気でまぶたが垂れてしまう眼瞼下垂で行う場合は健康保険が適応になりますが、それ以外は全額負担になります。

 

基本的な埋没法の費用は平均で約83,000円、それ以外は平均約150,000円になります。切開法は、部分切開なら平均約250,000円で、全切開になると平均約280,000円です。

 

クリニックによって値段の表記が違うのですが、これは麻酔代が含まれているかそうでないかがあるようです。また、CMでよく見るクリニックや有名なドクターが担当になった場合も費用が違うそうです。

 

調べてみると1万円代で手術をするところもあるのですが、実際カウンセリングをしてもらうと、他の理由をつけて結局高い金額になってしまうこともあるようです。

 

◆まとめ

メスを使う手術は怖いものです。特に顔は万が一失敗してしまったら後悔しきれません。有名だから、とか、あの人もお願いしたところだからというだけでなく、自分が納得するまで調べ、さらにカウンセリングで確認してから手術を受けましょう。

 

ナイトアイボーテの嘘っぽい口コミ、信じてもいいの?